【実録】3年間の学習塾経営本音の記録

虚飾一切ナシの本音(名前は仮名)

学習塾の月謝滞納問題/その対処法と心構え

        f:id:toudaiichirou:20170516024938p:plain

学習塾を経営して行く上で、避けたいけれど避けて通れないのが月謝の未納・滞納問題です。

 雇われ講師をしているだけであれば授業にだけ集中しておればいいのですが、経営者もしくはある程度の管理職になると、そうも言ってられません。

今回は、多くの塾長さん達を悩ませているであろうお金の問題です。

月謝を滞納する母親は外から観てもわからない

TVドラマやマンガの中であれば、月謝を滞納する母親って、だいたいが「いかにも、さもありなん」っていうタイプだと思います。

普段からいい加減だったり、言葉使いが崩れていたり、コチラを舐めてくる様な態度だったりetc・・・分かりやすいんですよね。

でも現実はそうではありません。

全然、見当がつかないから困るのです。

これまで半年、1年と欠かさず銀行振り込みをしてくれていた御家庭の母親が、ある日突然滞納するんです。

最初は「アレ?***さん、今月の振込がまだみたいだなあ・・・ちょっと遅れてるな」ぐらいのもんなんです。

それが1ヶ月しても振込がない。

さあ、困りました。

あ、言っときますが、一人二人の月謝が未納ぐらいで経営が傾くとかそういうことではないんです。

ケジメの問題なんですよ。

月謝の未納・滞納にはどう対処して、どう回収したらいいか?

大手塾やチェーン店塾であれば、そこら辺のことはあらかじめ入塾に際して明確なルールがあるはずです。

ですが、個人・零細塾ではルールはあるにせよ、なかなか厳しくはやりにくいのが実情です。

滞納した月謝に対しては罰則金を付けるであるとか、場合によっては退塾にするであるとか、厳しいルールを設けて且つ実行してもやって行けるような大手であれば良いのですが、個人塾ではそこまではできません。

そんな殿様ぶりをやらかしたら、近所の母親たちにどんな悪評を流されるか分かったもんじゃありません。

それにスタートしたばかりであれば、現実的に収入面で困るでしょう。

なので一概には言えないんですが「ここまでは譲歩するけど、ここを超えたらビシッと切る」みたいなラインを自分の中でシッカリと持っておくことが大切です。

私は次のようなマイルールを守っていました。

事情があれば1ヶ月めの滞納は認める。でも、2ヶ月めも滞納するならちょっと厳しめの勧告を入れて、払い込みを要求しました。もし、それに応じず、且つ態度から判断して舐めてる様であれば退塾にしました。

最後の態度から判断というのが難しいのですが、そこは自分の勘ですね。

本当になんらかの事情があって払えないけれど、塾は続けたいようなら(そう判断できれば)、もう1ヶ月待ちました。

ですが、正直言って塾の月謝の数万円を何カ月も払えないというのは、おかしいと思いますね。

というのも、最初から支払いがあるのは分かっているのだし、もし払えない額なら厳しいですが塾通いさせる方がおかしいのです。

塾経営者は結構、裏では舐められています

ベテランさんは別にして、開業して1年め、2年めの塾長さんは見出しのことを頭に置いておかれるべきです。

普段「先生、先生」などと下から敬敬(うやうや)しく言われると、つい自分が認められているかのような気分になりますが、それは89%錯覚です。

自分の子供が塾で悪い扱いを受けたら困るから、先生先生と立ててはくれますが、家に帰れば何を言ってるか分かったもんじゃありません。

なぜそんなことがわかるかって?

ポロっとでるんですよ、生徒の態度やセリフに(笑)

なので気は引き締めてください。

母親の(というよりも女性の、といった方がいいでしょう)巧妙なおだてに乗らない様に、気を引き締めて事にあたってくださいね。

女性というのは男性が思う以上に巧妙だし、口が巧いですから。

それでは。